キッチンの居心地アップで毎日の食事作りのテンションをアップさせよう

お気に入りのキッチングッズで「見せる収納」をしてみましょう

見せたいものと見せたくないもの

キッチンには見せたいものと見せたくないものがあります。例えばしょうゆや料理酒のペットボトル、キッチンの必需品ではありますが、残念ながらスタイリッシュとは言えず、一気に生活感があふれ出してしまいます。
キッチングッズを「見せたいもの」「見せたくないもの」の二つに分けてみましょう。
まず「見せたくないもの」は収納棚や床下、見えないところに入れましょう。ただし、しょう油のように使用頻度の高いものは出しやすいところに置くこと。「見せたくないもの」=「使わないもの」ではありません。
「見せたいもの」は見栄え良く置きましょう。ただし、こちらも使用頻度は考えて。見せたいけれどあまり使わないものは、キッチン内のデッドスペースなど普段使いの邪魔にならない場所を考えて置いてみましょう。

かごと布を上手に使ってみる

かごや布、布巾を使うことは素敵キッチンづくりに効果絶大です。
例えばお弁当箱やタッパーウェア。入れるものやシーンでバリエーションがあるので、どんどんたまる一方ですよね。形が違うから収納もなかなかきれいに収まりません。
そこで登場するのは、籐のかごです。プレーンなものから取っ手付き、買い物ができるもの、さまざまなかごが売っています。
かごにお弁当箱やタッパーウェアを好きに入れます。きれいにそろえて入れなくても大丈夫。その上にお気に入りの布巾や布をかぶせます。置く場所がなければ、食器棚の上などでも大丈夫。茶系のかごにはたいていどんな色柄の布と組み合わせても相性は抜群。センスアップ収納の完成です。
かごなので取り出しやすいこともメリットの一つ。取り出しやすい、仕舞いやすいことはキッチンでのモチベーションアップの鉄則なのです。

TOPへ戻る